祭りのごっつぉ

0
    JUGEMテーマ:伝統文化

    昨日に引き続き、二日目の今日、15日も午前中ずっと降っとった。
    時折、ひどい降り方をするものの、
    どうかすると、明るくなり、回復の兆しはみえる…。
    そしたら、いきなり午後1時過ぎからスカッと晴れて、
    屋台が屋台蔵から出されたよ。

    けど、ほら、もう日が陰ってきて、いつ降ってもおかしくない空模様。
    だから、どの屋台組もいざという時のために、
    蔵へ引き戻す体制は万全やろ。

    でも、少しでも近くで観れたかな?
    その細工の細かさにきっと驚かれたことやろうね。
    春祭りは晴れることが多いから、また是非皆さんに観ていただきたい。
    この屋台を市内中引き回すんやから。
    それが曲がり角に来た時が見どころ。
    その屋台の車の仕組みの違いがわかるんや。

    さて、飛騨の祭りには、よびひき、という風習があるんや。
    この”よびひき”を行っとる家は今では少ないみたいやね。

    これは祭りの夜に親戚衆や知人を招待して、
    お酒やご馳走(ごっつぉ)をふるまう風習。
    屋台が蔵に収められた夜、祭り提灯がかかっとる家は
    ”よびひき”をしとる合図や。


    昔は親戚、知人に限らず、通りがかりの人でも誰でも無礼講で
    祭りの宴席に入れたんや。
    だから、祭りのご馳走は飛び入りのお客さんがあってもいいように、
    大皿やどんぶりに盛られ、好きなようにとって食べるの。

    ここ、川尻家でも今でも続けとるよ。
    さすがに誰でも、ってことは今時分ないけど。
    昔とは生活だいぶ変わった今、
    こういった風習は大変やとは思うけど、続けたいよね。

    ごっつぉもだいぶ変わってきたけどね、
    やはり伝統的なものははずせないよね。

    お赤飯や、蕨、こも豆腐、卵焼き、くずし(かまぼこ)、鱒の塩焼き、
    ほうれん草のあぶらえ和え、ころ芋の煮っころがし、くるみの飴炊き、
    ほたるいか、天ぷらなどなど。
    ん〜〜〜、今晩は楽しみやね。


    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    最近の記事

    カテゴリー

    バックナンバー

    おすすめ

    リンク

    ”マサムネくん”とは

    注意事項

    *掲載記事・画像の無断使用は お断りしております。

    サイト内検索

    その他

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM