アルザスワインと飛騨地酒を楽しむ会報告

0

    JUGEMテーマ:日本酒

     

    ううう、さっぶいね〜。
    冬が心地いいボクも、この冬への突入時期はさすがに
    身体が慣れとらんで、つらいよ。

     

     

    ずっと出来んかった
    アルザスワインと飛騨の地酒を楽しむ会の報告をします。

     

     

    島氏のセミナーはそれは素晴らしかったんや。
    話がストンと胸に入ってくる、的確な、とても興味深いお話やった、と感じたよ。
    ほんと、お話が上手な方で、参加者から一部の方に
    ワイン、地酒、チーズのマリアージュなどを解説を聞きながら実際に体験していただいたんや。
    勿論、用意したものは皆同じやで、
    あとから全員が追体験できたことと思うよ。

     

     

     

    実際、マリアージュというものを初めて体感したよ。

    日本の食文化にはそもそもマリアージュって、ないんやよ。
    なぜなら、日本ではお酒を楽しむことと、食事は別物。
    それだから、このおかずにどのお酒を合わせる、とか
    その逆も、してこなかかったことなんや。
    欧米食文化は食事をしながらワインを楽しむもんね。
    晩酌って、酒の肴というものがあって、
    それをつまみつつ、お酒を楽しんで、
    その後ご飯にするでしょ。

    そして、日本酒はたいていほとんどの食事と合うんや。
    酸味に合わせるのはかなり、難しいけど。
    事実、お刺身をビールやワインで食べると、
    生臭さが口に広がってしまうけど、日本酒にそれはないやろ?

     

     

    でも、今回、あぁ、これがマリアージュというのか、って感じた。
    これは、もう口でも文章でも表すことはできんなぁ。
    純米山ひだ 原酒と、
    今回パリ直送のマダムHISADAのセレクトチーズ、
    「プチマンステール 古酒熟成」は
    それぞれを単体で口にするのとは全く別次元の味わいが醸しだされるんや。
    強いて言うならば、あのスキッと辛口の純米山ひだが
    なんとも丸い甘さが引き出されてくるんや。
    チーズもまたしかり。別の味わい。

     

     

    面白いよ、二倍お得な感じ!!!

     

     

    今回初めての大きな試飲会を地酒ツーリズムとして
    開催したけど、宣伝が行き届かなかったりで
    正直苦戦した。けど、皆さんの協力を得て、なんとか成功したよ。

    参加費3000円はパッと見、高いと感じられた方は多かったと思う。

    でも、その内容の濃さは遥かにそれを超えて、素晴らしいものだったよ。

     

    またの企画の際にはぜひぜひご参加くださいね〜。

     


    関連する記事

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    最近の記事

    カテゴリー

    バックナンバー

    おすすめ

    リンク

    ”マサムネくん”とは

    注意事項

    *掲載記事・画像の無断使用は お断りしております。

    サイト内検索

    その他

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM